MENU

まずは、お話をお聞かせください

患者様が今一番気になっていること、治療に対する希望などをお話しください。
治療を始める前にお口の中の検査をさせていただきます。
むし歯や歯周病についてできるだけわかりやすく説明します。
患者様にむし歯や歯周病について理解していただくことが、治療を進める上でとても大切です。
なぜならむし歯や歯周病は生活習慣病なので、患者様の協力がなければ治療終了後に良好な状態を保つことはできないからです。

むし歯治療(ミニマルインターベンション)

ミニマルインターベンションとは・・・
最小限の治療介入で、良好な治療結果が得られ歯の寿命を最大限にのばす考えです。

せのお歯科では、この考え方を大切にしたむし歯治療を行なっております。
小さなむし歯は一度で治します。
せのお歯科では、あまり大きくないむし歯なら、コンポジットレジン(硬いプラスチックの白い詰め物)で治療します。歯を削る量が必要最小限で済み、見た目も美しく仕上がります。
大きなむし歯の場合は、金属を使う場合もあります。
セラミックやハイブリットセラミックを使った、より審美的な治療(自由診療)も行なっておりますので、ご相談ください。

カリエスチェックでむし歯を残しません

むし歯の治療で大切なのは、むし歯を取り残さないことと削りすぎないことです。
せのお歯科では、むし歯の治療には必ずカリエスチェックを使用して、削りすぎとむし歯の取り残しを防ぎます。
カリエスチェックはミニマルインターベンションの必需品です。
写真の歯は、むし歯になっていますが、健康な歯と同じ白い色なので、どこまでがむし歯かわかりません。そこで、カリエスチェックを使うと、むし歯の部分だけが染め出されるので、染め出された部分を削ります。
染め出された部分を削り終えたら、再度カリエスチェックで染め出します。これを繰り返して、染まらなくなったら、むし歯の除去は終わりです。削りすぎも防ぎます。
少し時間はかかりますが、このようにしてむし歯を取り残さないことがとても大切なのです。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックとは、セラミック(焼き物)の粒子とレジン(プラスチック)を混ぜたもので
作られたインレー(詰め物)です。
セラミックよりもやわらかく、周囲の歯や噛み合う歯を痛めにくくなっています。
金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性がありません。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは、お口の中で歯科用レジン(プラスチック)を直接歯に盛り足して、歯の形態や色を回復させる治療法です。
主に歯が欠けてしまった場合や、すきっ歯を治す場合に適用されます。
ダイレクトボンディングでは、ほとんどの場合わずかしか歯を削らず、治療期間も1~2日ほどと短いため、患者さんにとっては非常に負担の少ない方法です。
しかし歯ぎしりや噛みしめなどの悪習癖、硬いものを噛むなどによって、詰めた部分が欠けたり、外れてしまうこともあります。
そのような場合には歯を削って、冠をかぶせる治療が必要になることもあります。

治療例

ハイブリッドセラミック

むし歯

むし歯

c 2019 せのお歯科