MENU

PMTC

PMTCとは

毎日、隅々まで磨いているつもりでも、どうしても歯ブラシの届きにくい所・汚れがたまりやすい所ができてしまいます。
この部分のクリーニングを歯科衛生士が専門的な器械を使って行うことをPMTCと言い、Professional Mechanical Tooth Cleaning(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)の略です。

PMTCには、むし歯や歯周病を防ぐはたらきや改善、歯質の強化とともに、歯の着色を除去し、光沢のあるきれいな歯を保つ、などの効果があります。
痛みもなく早く終わります。
ただPMTCは保険で行う歯石と異なり、自費診療となります。
治療が終了した方やブラシングが困難な方、むし歯を予防していきたい小児の方なども対象にした予防的処置となります。

PMTCの効果

  • むし歯や歯周病を予防します
  • 歯の詰め物が長持ちします
  • 口の中の細菌が減少します
  • 歯についたタバコのヤニ・茶渋などの色素を除去できます
  • 口臭を防ぎます
  • がん治療後の感染などの合併症を予防できます

※北欧やアメリカなどPMTCを数十年前から行ってきた予防歯科の先進国では、多くの高齢者が入れ歯に頼らず自分の歯でおいしく食べており、PMTCが歯の健康を保つのに効果的であることが実証されています。

PMTCの流れ

1. 歯の汚れを染め出し、現在のお口の状態を説明します。

2. 歯の表面のヤニや茶渋などの着色汚れを取り、歯と歯の間や表面を1本ずつ丁寧に磨きます。 セラミックや金属のかぶせ物は、傷がつくためケンマは避けます。

3. 口の中を洗い、歯のエナメル質と同じ成分のペーストで、表面をツルツルに仕上げていきます。

4. 最後に、家庭でのブラッシングの指導や今後の計画を話し合います。

定期健診

治療を終えた患者様へ

さて、治療が終わり、痛みもなく食事もおいしく食べられるようになって、ほっとされたことと思います。
それでは、この状態を長く保っていくためにはどうしたらよいでしょうか。
ふつう歯科医院では、むし歯や歯周病になった時に初めて治療を行います。
しかしこれだけではお口の健康は保てません。これは、いわゆる対症療法であり、原因を取り除かなければ新たなむし歯の発生や歯周病の再発を防ぐことはできません。

治療した歯が長持ちするよう、むし歯になりにくいお口の環境を作っていくことが必要なのです。
そのためには、患者様自身に、お口の健康についての意識改革をしていただく必要があるのです。
歯科医院は、痛くなってからではなく、いつまでも健康なお口のままで過ごすために行く所です。

そこで、定期健診を受けることが効果的なのです。

定期健診の内容

定期健診ではおもに、次のようなチェックを行います。
そのほか、気になることがあればご相談ください。

むし歯や歯周病の再発

むし歯や歯周病の再発がないかチェックします。
むし歯や歯周病は、初めは自覚症状がほとんどなく、自分では気がつきにくい病気です。
健診によってお口のトラブルを早期に発見できるでしょう。特にむし歯のできやすい方は、食生活に問題がないかもチェックします。

セルフケア、生活習慣

セルフケア、生活習慣などのチェックを行います。
毎日ていねいに歯を磨いていても、完全に歯の汚れを落とすことはできません。
磨き残しをチェックして、適切な清掃用具を使った清掃方法を指導します。
あなたにあった歯ブラシを処方し、デンタルフロスや歯間ブラシの使い方も指導します。
必要に応じ、歯石や歯垢の除去を行います。
歯科衛生士によるプロフェッショナルケア(PMTC)も受けることができます。

義歯の適合や噛み合わせ

義歯を使用しておられる方は、義歯の適合や噛み合わせのチェックを行います。
義歯を快適に使っていくためにも、ぜひ定期健診を受けてください。

c 2019 せのお歯科